朝の通勤時や昼間の営業中、車の運転をしていると不快な思いをすることがあります。

暑さからか、最近とくに多く感じます。

意味不明なほどに頻繁に車線変更する車。

流れにのっているのに追い越し禁止車線で追い越す車。

後ろにびったりついてくる車。

狭い駐車場で頭から止める車。

信号赤なのにスピード上げて交差点に突っ込む車。

なぜいけない(望ましくない)のか。

仮によんどころなき理由があったとしても、

他車を思いやる気持ちがあれば、これらの行為はなかなかできないはずなのですが・・。

相手の顔が見えないと、やりたい放題なのでしょう。

インターネットの世界と似ていますね。

この、時に強烈な不快さは、車という文明の利器を使用させてもらうための『代償』

と考えて、なるべくカッカしないようにはしています。

でもね~、

やっぱむかつく!(笑)