今回の雑誌「プレジデント」のテーマは、

ズバリ「時間の科学」です。

・年収1500万円の人と500万円の人における時間の使い方の違い

・複数の仕事はどう優先順位をつけてやるべきか

・残業ゼロ企業の社員の働き方

などなど興味をそそり仕事に活かせる内容になっています。

例えば、社会保険労務士の仕事の1つに助成金の申請業務がありますが、

初めてやる助成金で、複雑で、添付書類がやたら多いという案件の場合、

どこから手を付けてよいものやら分からず(おいおい!)、

ついつい後回しになりがちですが、こういう案件こそ早くとりかかった方が

良いようです。

また、「なぜ時間は長く感じたり短く感じたりするか?」についても

脳科学の先生が解説されていますので、興味のある方は買ってみてはいかがでしょう。

余談ですが、

スナックに飲みに行ったときでも

席に付いたスタッフさんがタイプで話が盛り上がれば

「時間よ止まれ~」と思うし、

タイプでなくかつ会話がかみ合わない場合は、

「60分後にワープしたい」と思う事もありますもんね。(コラコラ!)

一般論ですのであしからず・・。