労働基準監督官が主人公のドラマ「ダンダリン」の最終回、

先週だったんですね。おもいっきり見逃してしまいました。

脇役であっても社労士が登場するドラマって珍しいなって事で

毎週観ていましたが、労働者の視点で見ると気分爽快かもしれませんが、

経営者側の視点で見るとはがゆい(?)というか、そりゃあんまりですぜ、

とつっこみたくなるシーンも多々ありましたね。

ま、ドラマはドラマということで・・。