安倍総理が消費税を来年4月から8%に引き上げる決断をしました。

決まったものは仕方ないですが、あとはどうマイナスの影響を減らすかが大事です。

低所得者や大企業向けの対策は打たれるようですが、肝心の中小零細企業への配慮が

全然足りない、と私は思います。

霞が関のお役人には理解できないのでしょうか?、どんなに法律を整備しても、立場の

弱い中小零細企業は、増税分を価格に転嫁できないか、あるいは転嫁させてもらえない

ケースが多いのです。すると、増税分はその企業が実質自腹で負担することになり、

消費税が重くのしかかり資金繰りは悪化して、ついに廃業する・・。

今だって、国税の中で一番滞納が多い科目は消費税だと聞いたことがあります。

つまり中小零細企業にとっての消費税は、単なる預かり金ではなく正に負担そのもの

なのです。増税により、地域の雇用と経済を支える中小零細企業がどんどん力尽きる

事態は、大げさでなく日本の崩壊を意味します。心ある政治家や官僚の皆さんには

早く、真に効果的な支援策(みなし仕入率をもう少し上げるとか、免税事業者の範囲を

もう少し拡大するとか・・)を立てていただくようお願いするものであります。

以上、素人兼一個人事業主としての意見でした。