人事労務相談&賃金規程・退職金規程 ― 社会保険労務士/出島労務管理事務所|長崎県で労働・社会保険事務や給与計算の代行、就業規則、助成金、人事・労務問題解決のサポートを行っています。

社会保険労務士の出島労務管理事務所 プロフィール 社会保険労務士とは 7つの特徴 業務フロー 社会保険労務士の業務一覧 相談事例 リンク集

月別記事の一覧  2012年05月




◆上昇する女性の平均賃金
厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によれば、2011年の一般労働者(パートを除く)の平均賃金において、男女間の賃金格差が過去最小となったそうです。
男性が前年と同じ32万8,300円、女性は前年比1.9%増の23万1,900円でした。女性の賃金は2000年以降おおむね増え続けています。

◆女性の賃金上昇の要因(1)
女性の賃金上昇の背景には、成長分野である「サービス業」で働く人の増加があるようです。
例えば、「教育・学習支援業」では30万7,400円(前年比2.6%増)、「医療・福祉」では24万7,000円(同1.5%増)となりました。

◆女性の賃金上昇の要因(2)
男性正社員の賃金は40代前後で前年より減る一方、女性正社員の賃金は60歳未満のすべての年齢層で前年比0.1~2.9%増加しています。
女性が企業の主要ポストに就くケースが増えたことも、賃金上昇につながっているようです。

◆女性社員の育成に関して
また、公益財団法人日本生産性本部から「第3回 コア人材としての女性社員育成に関する調査」の結果が発表されていますが、役員と課長(相当職)の女性の割合が、前年に引き続き増加したそうです。ただし、部長(相当職)の割合は若干減少しています。
また、3年以内に課長(相当職)になる可能性のある職位の女性の割合は、2年前と比べ大幅に増加しています。

◆女性育成の課題は?
上記の調査では、女性育成の推進上の課題としては、「女性社員の意識」が7割以上と最も高くなっていますが、「経営者、管理職、男性社員の理解・関心が薄い」の割合も前年より増加しています。
また、効果のあった施策としては、「女性社員への教育・研修参加機会の拡大」が前年から大きく増加したほか、「女性社員だけを対象にした研修」「管理職候補の女性を対象にした意識喚起のための研修」に取り組む企業も増えているようです。



「出島労務管理事務所便り平成24年4月15日号」より

コンビニで・・

2012年05月11日 カテゴリ:ブログ

先日の帰宅途中、家内から携帯で「牛乳買ってこい」と指令を受けた私は

家の近所のコンビニに立ち寄りました。

コンビニに入ると直ちに任務を遂行して速やかに退出する・・、という事は

まずなく、雑誌を立ち読みしたり、新商品を手に取ったり、店内をふらっと

歩いてみたりします、よね。

その時は私も牛乳を1本買うという任務のために、約20分を要し、ついでに

新聞と週刊誌も一緒に買ったわけなんですが(おっさんやな~)、レジで店員さんが

レジ袋に1本のながーい「ストロー」を入れてくれました。

店員さんとしては、私が店を出たところで,おもむろに袋からこの1リットルの牛乳を

取り出して飲み始めるのではないか、という配慮からこの「超ロングストロー」を

付けてくださったと推測します。

にしても、俺ってそういう風に見えてた? どんだけ喉かわいてそうな顔してたんだ俺?

とか考えながら家路に着いたのでした。








ホームページ制作/web作成会社 Copyright (C) 2008 出島労務管理事務所 All Rights Reserved.