◆インターネットによる調査

NTTレゾナント株式会社は、昨年12月に、インターネットを利用した「コスト削減と

働くモチベーションに関する意識調査」を実施し、先頃、その結果を発表しました。

調査の対象は、従業員数10名~299名の中小企業に勤めている20代・30代の

社員であり、524件の有効回答があったそうです。ここでは、この調査結果について

見ていきましょう。


◆どんなコスト削減が行われているか?

2008年秋の世界同時不況以降、様々なコスト削減の取組みが各社で行われている

と思いますが、「あなたの会社でどのようなコスト削減が実施されましたか」という

問いに対する回答(複数回答)は、次の通りでした。

(1)コピー費の削減(カラーコピーの禁止、出力自体の抑制等)…58.8%
(2)残業禁止による残業代削減…41.8%
(3)交通費の削減(出張の抑制、タクシー代削減等)…41.2%
(4)交際費の削減(お客様の接待抑制、禁止等)…34.2%
(5)通信費の削減(会社携帯電話の取りやめ、携帯代金の自己負担等)…27.1%
(6)オフィス家賃の削減(オフィス移転、オフィス縮小等)…18.9%


◆6割以上がモチベーション低下

また、「コスト削減によって業務が非効率になったと感じたことがありますか」という

質問に対して「ある」と答えた人は52.1%、「ない」と答えた人は47.9%でした。

そして、「コスト削減によって働くモチベーションは下がると思いますか」という問い

に対しては、「大変思う」が22.1%、「思う」が39.1%、「思わない」が31.1%、「全

く思わない」が7.6%という結果となり、「大変思う」「思う」を合わせると、6割以上

の人が「コスト削減によりモチベーションが下がる」と感じているということになりま

す。


◆重要なのは「お金の使い方」

業績が悪いときに「コスト削減・経費節減」を考えるのは会社として当然のことで

しょう。しかし、業務を担っている社員のモチベーションが下がり、働く環境が悪く

なってしまっては何にもなりません。

コストのかけ方や経費の使い方だけが社員のモチベーションに繋がるものでは

ありませんが、今の厳しい時代、「切り詰めるべきもの」と「お金をかけるべきもの」

をきちんと見極め、社員のやる気をアップさせるような「お金の使い方」が求められ

るのではないでしょうか。



出島労務管理事務所便り(平成22年3月15日号)より