◆平成22年4月の施行予定

3歳未満の子どもを持つ従業員に対する「短時間勤務制度」の導入を企業に義務付けるこ

とや、父母がともに育児休業を取得する場合、1歳2カ月までの間に1年間育児休業を取

得可能とする「パパ・ママ育休プラス」の創設などを盛り込んだ育児・介護休業法の改正案

が閣議決定されました。国会審議が順調に進めば、来年4月施行の予定です。


◆改正案のポイント

(1)子育て期間中の働き方の見直し

・3歳までの子を養育する労働者について、短時間勤務制度(1日6時間)を設けることを

事業主の義務とし、労働者からの請求があったときの所定外労働の免除を制度化する。

・子の看護休暇制度を拡充する(小学校就学前の子が1人であれば年5日、2人以上であ

れば年10日)。


(2)父親も子育てができる働き方の実現

・父母がともに育児休業を取得する場合、1歳2カ月(現行1歳)までの間に、1年間育児

休業を取得可能とする。

・父親が出産後8週間以内に育児休業を取得した後に復帰した場合、再度育児休業を

取得可能とする。

・配偶者が専業主婦(夫)であれば育児休業の取得不可とすることができる制度を廃止

する。


(3)仕事と介護の両立支援

・介護のための短期の休暇制度を創設する(要介護状態の対象家族が1人であれば

年5日、2人以上であれば年10日)。


(4)実効性の確保

・苦情処理・紛争解決の援助および調停の仕組みを創設する。

・勧告に従わない場合の公表制度、および報告を求めた場合に報告をせず、または

虚偽の報告をした者に対する過料を創設する。


◆仕事と家庭の両立に向けて

上記内容は、いずれも企業の取組み強化を迫るものとなっています。しかし、制度は整っ

たとしても、現実は利用しにくい雰囲気が、育休取得が進まない原因となっており、中小

企業では、仕事と家庭を両立させ、育児休業を取得するには難しい状況であると言われて

います。改正法が成立しても、両立支援が実効性あるものになるかどうかは、職場の意識

改革を進めて育児休業を利用しやすい職場環境を作れるか、そして何よりも経営者の

取組みがカギとなるでしょう。



(出島労務管理事務所便り平成21年6月15日号より)