人事労務相談&賃金規程・退職金規程 ― 社会保険労務士/出島労務管理事務所|長崎県で労働・社会保険事務や給与計算の代行、就業規則、助成金、人事・労務問題解決のサポートを行っています。

社会保険労務士の出島労務管理事務所 プロフィール 社会保険労務士とは 7つの特徴 業務フロー 社会保険労務士の業務一覧 相談事例 リンク集

月別記事の一覧  2009年03月

名勝負

2009年03月25日 カテゴリ:ブログ

昨日のWBC決勝はすばらしい試合でしたね。野球ファンならずとも最高に楽しめました。

イチロー選手が試合後、『この場面で打ったらすごいだろうなと意識したら普通は打てない

ものだが今日は違った』と語っておられましたが、あそこで打つとはさすが真のプロです。

私も学生時代いくつかのスポーツをしておりましたが、功名心が表に出てしまった試合では

必ず結果は惨敗でした。そんなことはどうでもいいとして、日本チームも韓国チームもまず

はおつかれさまでした。




◆募集時の説明と異なる労働条件

「募集時の説明と労働条件が違う」。新聞報道によると、若手社会人の約7割、アルバ

イト学生の半数が、働くうえでこのような「不当な扱い」を経験したと回答していることが、

厚生労働省の調査で明らかになりました。


◆多くの人が「対応何もせず」

勤務先やアルバイト先で受けた不適切な扱いで一番多かったのが、「労働条件が募集

時の提示内容と異なる」というもので、社会人の38.4%、学生の21.8%が経験している

そうです。社会人では、「就業規則をいつでも確認できるようになっていない」が28.2%、

「労働条件を書面で提示されていない」が22.6%で「残業代が支払われない」も21.3%

にのぼり、学生の回答もほぼ同じ項目が上位に並びました。逆に、「不当な扱いの

経験がない」と答えたのは、社会人で28.9%、学生の52.6%でした。

このような不当な扱いを受けた際にどのよう対応をしたかを聞いたところ、「同僚に相談

した」「転職した、辞めた」といった回答よりも多かったのが、「何もしなかった」という回

答で、社会人の41.3%、学生の54.8%を占めました。


◆大きなトラブルになる前に

「何もしなかった」という理由として、社会人・学生ともに「どうせ何も変わらない」「対処

するのが面倒」ということが多く挙げられています。その原因として、若い社会人や学生

の多くが、労働法規の理解が乏しかったり、理解していてもどうせ改善されないと考え

たりするということがあるようです。改善策としては、学校教育や社員研修の中で、労

働者の権利と義務を学ぶ機会を与え、キャリア教育を充実させる必要性があると指摘

されています。

労働者が不当な扱いを受けていながらそれを放置していたからといって、会社側は

安心できません。不当な扱いの中には、「残業代の不払い」「労働条件の相違」「上司

による嫌がらせ」「セクハラ」等、経営者側の法律違反・コンプライアンス違反が問われる

ものが多く見受けられます。残業代不払いやセクハラ問題が、労働者の訴えにより明ら

かになり、多額の不払い残業代や損害賠償請求などを支払わなければならない状況に

追い込まれ、経営が圧迫されている企業も最近ではたびたび見受けられます。

まずは法令順守の目線から職場環境を見直し、正社員・非正社員と雇用形態にかかわ

らず、誰もが働きやすい職場作りを目指すことが、経営者にとって急務といえるでしょう。



(出島労務管理事務所便り平成21年2月15日号より)

普段どおり

2009年03月20日 カテゴリ:ブログ

今日は春分の日。とても良い天気ですが、事務所に来て仕事をしています。

今週中に仕上げておかなければ来週きつくなる書類があるのです。

それにしても事務所の窓からは明るい日差しと小鳥たちのチュンチュン鳴く声が・・。

やめて! そんな楽しそうな声で鳴くのはやめて!(心の叫び)

こんないい日は大瀬戸方面にでもドライブしたいなあ~。




制度廃止

2009年03月19日 カテゴリ:ブログ

昔、「結婚するって本当ですか」という歌が流行ったそうですが、

私は今、こう言いたい。


「配達記録郵便がなくなったって本当ですか!」



今度から簡易書留で送らないといかんのかな・・。





徳あれば得あり

2009年03月18日 カテゴリ:ブログ

今朝読んだある新聞のコラム欄に、「言われたことをしない人と言われたことしかしない

人では、前者のほうがまだ救いがある」というような(感じだったかな)ことが書いてあり

ました。なるほど、と思いましたが状況にもよるでしょう。

本当は、「言ってないのにどんどん実行して利益を運んでくれる人」がいれば一番いい

のですが、まず自分に十分な「徳」が備わっていなければそのような人は集まりますまい。



政策特需

2009年03月14日 カテゴリ:ブログ

先ほど時津町にある大手カー用品店の前を車で通ってきましたが、駐車場が満車で国道

まで数台が並んでいました。おそらくETCの取付けで混んでいるのでしょう。






◆少子化抑止のための法律

少子化が急速に進行し、今後の経済社会に深刻な影響を与えることが懸念されていま

す。そこで、次代を担う子どもたちが健やかに産まれ、育成されるのに必要な環境整備

を図るため、2003年7月に「次世代育成支援対策推進法」が成立しました。この法律に

より、国・自治体・企業それぞれの責務を明らかにし、一体となって、少子化の流れを変

えるための環境整備を推進することになりました。

今回、この次世代育成支援対策推進法の一部が改正されました。


◆改正内容のポイント

次世代育成支援対策推進法では、地方公共団体等が「地域行動計画」を策定・公表す

るとともに、企業においても、従業員数に応じて、従業員の仕事と子育ての両立を支援

するための「一般事業主行動計画」を策定し、その旨を届け出ることが義務付けられて

います。

今回の改正では、上記の行動計画の届出を義務付ける企業規模が拡大され、行動計

画の公表および従業員への周知が義務化されています。詳細は下記の通りです。

(1)行動計画の公表および従業員への周知の義務化

仕事と家庭の両立を支援するための雇用環境の整備について、事業主が策定する一般

事業主行動計画の公表・従業員への周知が、従業員101人以上の企業は義務、100人

以下の企業は努力義務となります。(2009年4月1日施行。従業員101人以上300人以

下の企業は2011年3月31日までは努力義務)

(2)行動計画の届出義務企業の拡大

一般事業主行動計画の策定・届出の義務付け範囲が、従業員301人以上の企業から、

従業員101人以上の企業に拡大されます。(2011年4月1日施行)


◆「くるみん」マーク取得が効果を生む

この法律に基づいて、従業員が仕事と子育てを両立できる職場環境の整備を目指し、

行動計画を作成し、定めた目標を達成したことなど一定の要件を満たした場合、申請を

行うことにより、都道府県労働局長の認定を受けることができます。認定を受けた事業

主は、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を求人広告、自社の商品などにつけることが

できます。

このマークの取得により、次世代育成支援対策に積極的に取り組んでいる企業である

ことがアピールでき、企業イメージが向上し、その企業に雇用される従業員のモラール

アップや優秀な人材の確保につながることが期待されています。最近では、名刺やホ

ームページなど、あらゆるところでこのマークが見受けられるのも、様々な期待と効果

を生んでいる表れではないでしょうか。



(出島労務管理事務所便り平成21年2月15日号より)


おくりびと

2009年03月06日 カテゴリ:ブログ

映画「おくりびと」がすごい人気ですね。主演の本木さんも、男性から見ても文句の付け

ようがないくらいカッコいいです。久々に映画館に足を運んででも見たいと思っています。

ところで話は変わりますが、私は、未だに携帯電話から音楽や流行の歌をダウンロード

したことがありません。

単なる流行遅れですが、今風に言えば「おくれびと」でしょうか。



ウィンドウ・ショッピング

2009年03月05日 カテゴリ:ブログ

先月の話になりますが、初めてココウォーク長崎に行ってきました。家族で行ったのです

が、私以外はもう3回目位とか・・。話に聞いていたとおり、店内は夢彩都ともアミュプラザ

とも違う雰囲気を醸しだしていたように思います。1階から順番にフロアを歩いて見て回っ

ていると、いつしかあの観覧車乗り場の前にたどり着きました。


長男「お父さん、一緒に観覧車に乗ろうよ」

私「お父さん、(長女・7ヶ月)ば見とくけん、お母さんと乗ってこんね」


ということで高所が少々苦手な私は、久々のピンチを長女をだしに見事切り抜けることが

できたのでした。個人的には、1階の本屋さんもなかなか良い品揃えで気に入りました。

でもそういえば,結局どこでも何も買わずに帰ってきてしまったなあ。





ホームページ制作/web作成会社 Copyright (C) 2008 出島労務管理事務所 All Rights Reserved.